ブラックジャックは、オンラインカジノでもランドカジノでも、最もプレイされている人気のテーブルゲームの一つです。略してBJや、「21」など、様々な呼び名にて、世界中で愛されています。

でも、初心者の方には、ブラックジャックの暗号のような特別な用語や、長い歴史の中で生まれた多くの戦略が難しそう、と敬遠されがち、、、
しかし、案外基本ルールはシンプルでわかりやすいんですよ。

今、この記事にたどり着いたあなた!ブラックジャックを一から学んで、プレイしたいと思っている方は、今がそのチャンス!

ルールや遊び方から勝率を伸ばす戦術まで、基本からちょっと応用までのブラックジャックのすべてをしっかり解説していきますので、おまかせください♪


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

ブラックジャックの基本ルールを知っていこう!

ブラックジャックの基本ルールは、先ほど言った通り、案外簡単なんです。
今回は、ブラックジャックというゲームとは?から、カードの数え方、プレイに必須な基本用語まで、押さえておきたいポイントを各項目に分けて、わかりやすく説明していきますので、一気にマスターしちゃいましょう。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックのルール① ブラックジャックとは?

ブラックジャックは、トランプを使ったカードゲームで、プレイヤー(自分)のハンド(手札)の合計が21を超えない範囲で、ディーラーより、21(ブラックジャック)に近いハンドを作って、勝敗を競うゲームです。
そう、勝負の構造は、プレイヤー同士の対決ではなく、どんなにプレイヤーが多くても、ディーラー対プレイヤーのタイマン勝負!

基本のルールはとってもシンプルなんですが、ブラックジャックの魅力は、ディーラーとの駆け引きやいろいろな戦略(ストラテジー)を生かして戦えるゲーム性なんです!
なので、基本ルールをサクッとおぼえて、どんどん奥深いブラックジャックの世界を知っていきましょう。

ブラックジャックのルール② カードの数え方

続いては、ブラックジャックをプレイするのに重要なカードの数え方についてです。
ブラックジャックでは、他のカードゲームとは違い、カードの数字の数え方に特別なルールがあります。

どちらかと言うと、ブラックジャックのカード数字の数え方の方が他のカードゲーム(ポーカーなど)簡単なので、心配ご無用!

でも、とても重要なのでしっかり覚えていきましょう。

  • ナンバーカード(2~10): 見たままの数字通りにカウント

    例: 9(♣)+ 3(♠) = 12

    これらの数字が出てきたら、そのままの数字を足せばいいだけなので、
    とっても簡単です。

ブラックジャックのカードの数え方 2
  • キング(K)/クイーン(Q)/ジャック(J): すべて「10」としてカウント

    例: Q(♠)+ 6(♥)= 16

    ここがブラックジャックでの数字ルールでうれしい&簡単と言っていたポイントです!
    とにかく、K~J(絵札)を見たら、全部10。
    ゲーム中に戦略を練りながら計算は大変なので、
    細かい2桁の計算がないことはありがたいですよね。

ブラックジャックのカードの数え方 3
  • エース(A): 1または11としてカウント

    例: A(♣)+ 5(♣)= 6または16

    エースだけは少し複雑ですが、フレキシブルに使えるいいカードなんです!
    1または11のどちらか、自分の手札に合った方を選べるのが、
    エースだけが持つスペシャルなルールです。

ブラックジャックのカードの数え方 1

そして、基本的に、ブラックジャックではスーツ(ハート・ダイヤ・スペード・クラブの記号)は無視して、数字だけ見れば問題なし!

しかし、ゲームによっては、サイドベット(のち説明)があり、サイドベットを利用する場合には、スーツを見る必要があるので、ゲームルールは要チェック!

ブラックジャックで重要な数字の数え方を覚えたところで、ここでちょっと数字の数え方にまつわる戦術を教えちゃいます。

ブラックジャックのミニ戦術:「10」のルール

ブラックジャックでは、先ほどの数字について見てわかる通り、明らかに「10」と数えるカードが多いことをお気づきですか?

さきほどのおさらいですが、10を含むK・Q・Jの絵柄は全部「10」とカウントします。
つまりは、A~Kまでの13枚のカードのうち、「10」とカウントするカードが4枚もあり、出現率がずば抜けて高いんです!

ということをふまえて、次に来るカードが「10」だと予想し、アクションや戦略を考えることをおすすめします♪
この「10」ルールは、ブラックジャック初心者の方にも、覚えやすいと思うので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

ブラックジャックのルール③ 基本用語

ブラックジャックには、必ずおぼえておきたいゲーム用語があります。
最初は、たくさんの聞きなれない言葉に圧倒されるかもしれませんが、プレイしていけば自然と覚えていけちゃいますよ。

ブラックジャックのルールの基本用語
  • Natural Blackjack(ナチュラルブラックジャック)
    ※別名Natural(ナチュラル)初めに配られた2枚のカードのみで、合計値が21となり、
    ブラックジャックが成立したこと。
    例) A(11)+ J(10) = 21
    3枚以上で成立したブラックジャックより強いハンドとなり、ゲームによって異なりますが、
    通常の2倍より高配当の2.5倍となります。
  • Blackjack(ブラックジャック)
    2枚以上のカードにて、合計値が21となり、ブラックジャックが成立したこと。
    例)K(10) + 9 + 2 = 21
  • Hit(ヒット)
    もう1枚カードを引くこと。
  • Stand(スタンド)
    カードをこれ以上引かないこと。
    ★ヒットとスタンドはブラックジャックではゲーム中にどちらか必ず選択する、
    よく出るワードなので、覚えておきましょう!★
  • Double Down(ダブルダウン)
    ベット額を2倍にアップするアクションのこと。
    ※ダブルダウン後は、1枚しかカードがヒットできないので要注意!
  • Push (プッシュ)
    引き分けのこと。
    プレイヤーとディーラーが同じハンドの合計値となることで、
    基本的にベット額は全額返金となります。
    ※ゲームによって、プッシュはディーラーの勝ちとなる場合もあるので、
    ゲームルールにて確認必須!
  • Bust(バースト)
    カード合計値が21を超えてしまうこと。
    バーストした場合には、ディーラーがバーストとなっても引き分けにはならず、
    バーストした時点で負け確定となります。
  • Split(スプリット)
    初めに配られた2枚のカードが同じ数字またはアルファベットの場合は、カードを1枚ずつに分け、
    それぞれ別のハンドとしてプレイできるアクションのこと。
    なお、もう一方のハンドにも同額のベットが必要です。※スプリットを使用した場合に、
    ナチュラルブラックジャックで勝利または、ディーラーが普通のブラックジャックの場合などに、
    特別な配当率やルールが適用されることがあるので、ゲームルールを要確認!
  • Soft Hand(ソフトハンド)
    エースを「11」にてカウントし、作成されたハンド。
  • Hard Hand(ハードハンド)
    エースを「1」にてカウントし、作成されたハンド。
  • Up Card(アップカード)
    ディーラーの持つ2枚のカードのうち、表向きのカードこと。
  • Hole Card(ホールカード)
    ディーラーの持つ2枚のカードのうち、裏向きに伏せたままのカードこと。
  • Insurance(インシュランス)
    ディーラーのアップカードがAの時のみ適用されるアクションのこと。
    ディーラーがブラックジャックを持っていることが考えられる場合に、
    最初のベットの半額を新たに保険として賭けることができます。
    ディーラーのハンドがブラックジャックだった場合には、
    インシュランスの賭け金の3倍の配当がもらえるので、実質的に±0となります。
    また、プレイヤー(自分)とディーラーどちらのハンドもブラックジャックだった場合、
    ベット額は全額返金となります。
    ※ディーラーがブラックジャックのハンドを持っていない場合は、
    賭けたインシュアランスの金額は返金となりません。
  • Side bet(サイドベット)
    サイドベットは、通常のブラックジャックの賭けとは別に、
    プレイヤーに配られるカードの「スーツや種類」を予想して賭けることです。
    テーブルによって、サイドベットの有無は異なります。

ルールはここまでとなります。
次は、もっと実践的にゲームを知っていくために、勝利を狙うためのルールや遊び方の流れを見ていきましょう。

ブラックジャックの勝利のルールを知ろう!

ブラックジャックの最終目的遊び方は、戦術を駆使して、「21」に近い数字を狙いに行くことです。
ブラックジャックの勝利のルール説明には、基本用語がどんどん登場するので、復習は必須ですよ!

基本ルールは簡単!と思った方も、基本ルールの奥に隠されたブラックジャックの醍醐味ともいえる、勝利につながるアクションのルール(戦術)を習得するには経験値を高める必要があるので時間がかかるでしょう。
しかし、ポイントをしっかり押さえて説明していきますので、ご安心ください!
では、ゲームの遊び方の流れを説明し、勝ちを狙うための戦術もドーンっとご紹介しちゃいますよ♪

ブラックジャックの勝利のルール2


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

ブラックジャックの遊び方① ゲームの流れ

ブラックジャックの遊び方を知るには、ゲームの流れを理解することが需要です。
ゲームの流れを知ることは、勝ちにつながる最適なアクションを事前に考えられるということ。
流れをつかんで、勝利に近づけるプレーをしましょう!

今回は、ベラジョンでも大人気なライブカジノのブラックジャックを例にゲームの流れをお伝えします。

  • ブラックジャックの流れ①  :  席を選ぶ
ブラックジャックの遊び方1

ベラジョンのゲーム検索からもお分かりかと思いますが、ライブカジノのロビーに行くと、ブラックジャックだけでもゲームの種類やテーブルの数はたくさんあります。

ここでテーブル選びの目安にしたいのが、「最低ベット額」です。
ロビー画面にてテーブルの左上に黄色い文字で最低、最高ベット額が記載されています。
ちょっとお試しでいろいろなテーブルをプレイしたい方は、最低ベット額が$5以下でプレイできるテーブルがおすすめです。
また、大きな勝負を狙う方は、最低ベット額が$50や$100などを試してみてはいかがでしょうか。

テーブルによってブラックジャックのゲーム名前が違いますが、基本ルールは変わりません。
しかし、ゲームによって細かなルールが異なる場合もあるので、テーブル選びの際には、プレイ前にゲーム内の「?」よりゲームルールの詳細を確認しましょう。

さて、テーブルが決まったら、空いている席を選んで、プレイスタート!
※満席と表示されているテーブルは、見学は出来ますが、プレイはできません。

  • ブラックジャックの流れ② : ベッティング
ブラックジャックの遊び方2

席に着いたら次は、ベットしましょう。

ライブカジノには、ベット時間があるので、画面上に「賭けてください」と表示されたら、時間内に希望する賭け額のチップを選択し、自分のテーブルのベットスポットをクリックしましょう。

時間内に賭け額を変更したい際は、「元に戻る」をクリックし、元に戻せますので、焦らなくて大丈夫ですよ!

また、$6などチップの金額にない賭け額をベットしたいときは、$5チップと$1チップをそれぞれ選択し、ベットすることができます。

  • ブラックジャックの流れ③ : 2枚のカードが配られる
ブラックジャックの遊び方3

ディーラーが最初の2枚のカードをプレイヤー(自分)とディーラーにそれぞれ下記のように配ります。

  • プレイヤーには、2枚ともアップカード
  • ディーラーには、最初の1枚がアップカード、2枚目がホールカード
  • ブラックジャックの流れ④ : プレイヤー側が「ヒット」か「スタンド」の選択
ブラックジャックの遊び方4

ゲーム画面の右側に着席しているプレイヤーから順に「ヒット」か「スタンド」どちらかのアクションを選択します。

ヒットを選んだ場合には、ディーラーがもう一枚アップカードの状態でカードを追加してくれます。
スタンドの場合には、カードは追加されず、そのままゲームは進行します。

  • ブラックジャックの流れ⑤ : ディーラー側が「ヒット」か「スタンド」の選択
ブラックジャックの遊び方5

プレイヤーのアクションが終わったら、ディーラーがホールカードをオープンし、「ヒット」か「スタンド」どちらかのアクションを選択します。

ディーラーはハンドの合計値が「16以下」の場合、「17以上」になるまでヒットします。
また、「17以上」の場合には、常にスタンドとなります。
※ゲームによって、Aを11でカウントするソフトハンド17を採用している場合には、ディーラーはヒットしてもう一枚カードを追加します。

  • ブラックジャックの流れ⑥ : 勝敗の発表
ブラックジャックの遊び方6

ディーラーのアクションが終わると、ハンドが21(ブラックジャック)に近いほうに「勝利」と表示され、配当が支払われます。
バーストした場合には、その時点で負けが確定します。

なお、勝利した際の配当は1:1です。
そして、ナチュラルブラックジャックで勝利した際の配当は3:2(2.5倍)となり、負けた際は、ベット額は全額没収となります。 

ブラックジャックの遊び方② 戦術とは?

ブラックジャックの遊び方の流れを把握したら、次は勝利に近づくための戦術です!
プレイしながら、勝敗を左右するアクションを決めるのはなかなか難しいと思いましたよね。
実は、ブラックジャックにはベテランならみんな知っている、この場面はこのアクションというちょっとした決まりがあるんです。
今回はその中でも覚えとくと役に立つ戦術を2つ教えちゃいます!

ブラックジャックの基本戦術:見極めの基準「17」

ゲームの流れで説明した通り、ブラックジャックには「ヒット」か「スタンド」を選択しなければいけない場面があります。
あまりブラックジャックをプレイしたことがない方は、「10」のルールを覚えていても判断に困りますよね。

そんな時は、プレイヤー(自分)のハンド「17」を基準に見極めましょう!

・「17以上」の場合:スタンド
・「17以下」の場合:ヒット

例:基本戦術では、下記ハンドの場合、ハンドの合計値が17以上なので、スタンドします。

絶対ではありませんので、小さい数字が出ることを信じて、勝負に出てもいいですが、「17以上」の場合は、バーストする可能性が高いため、スタンドをおすすめします。

もう1つの戦術は、余裕のある方だけでOK。
頭がいっぱいの方はスキップして、またブラックジャックに慣れたら読みに来てください♪

ブラックジャックの応用戦術:スプリット

ブラックジャックには、経験者やベテランの方が多く利用している戦略、ベーシックストラテジー(Basic Strategy)があります。

ここでは、基本用語で説明した「スプリット」のベーシックストラテジーについてさらっとご紹介します。
(今後ブラックジャックの必勝法だけをまとめた記事を書く予定なので、詳しくはそちらで♪)

「基本用語にてスプリットについてはわかったけど、どの数字でもスプリットするべきなの?どうやって判断してるの?」と思っていませんか?

これも見極めの基準があるんです!
スプリットできる数字のカードが配られた場合には、下記を基準にアクションを起こしましょう!

  • エース
    「A(エース)」のペアの場合には、常にスプリットします。

  • 10、J 、Q、K
    「10」とカウントするJ、Q、Kと10のペアの場合には、常にスプリットしません。
    ※同じ「10」とカウントするカードでも、同じ数字やアルファベットのカードでないとスプリットの対象にはなりません。

  • 9

    「9」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~9(7は除く)」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、スタンドします。

  • 8
    「8」のペアの場合には、常にスプリットします。
  • 7
    「7」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~7」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、スタンドします。
  • 6
    「6」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~7」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、ヒットします。


  • 「5」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~9」であれば、ダブルダウンします。
    また、それ以外の数字であれば、ヒットします。
    ※ダブルダウンについては、基本用語にてチェック!
  • 4
    「4」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「5、6」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、ヒットします。
  • 3
    「3」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~7」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、ヒットします。

  • 2
    「2」のペアの場合には、ディーラーのアップカードが「2~7」であれば、スプリットします。
    また、それ以外の数字であれば、ヒットします。

いかがでしたか?ブラックジャックをプレイしたくてうずうずしてますね?
では、早速ベラジョンでブラックジャックをプレイしましょう。

ブラックジャックの勝利のルール1


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

ブラックジャックルールの確認や実践は、ベラジョンカジノで!

ベラジョンカジノでは、ブラックジャックをライブカジノとビデオゲームの2種類より遊ぶことができます!
2種類の特徴やおすすめポイントをご紹介しますので、自分に合った方を選んで、ブラックジャックを思う存分楽しみましょう。
どっちもプレイする選択も、もちろんアリです!

ビデオゲームでブラックジャック

ブラックジャックを自分のペースでプレイしたい方は、ビデオゲームがおすすめ!
ビデオゲームは、ディーラーではなく、ソフトウェアと勝負する形式です。
ベット時間の制限がないのでルールや遊び方の確認や、戦略などを練りながら自分のペースでゲームを進行できます。

そして、何と言っても、アカウント登録前でも、無料で練習ができるところが一番の推しポイントです!

ビデオゲームでブラックジャックがプレイしたい!と思った方は、下記ゲーム一覧よりゲームを選択して、早速プレイしちゃいましょう。

ノンライブブラックジャック

ビデオゲームでのおすすめゲームは人気マークが付いている
「original Blackjack(オリジナル・ブラックジャック)」

シンプルなブラックジャックなので、流れや戦術の確認に最適です。
また、最低賭け額が$1と低く、初心者の方がリアルマネーでブラックジャックをプレイする際の、ウォームアップにもおすすめですよ。

ビデオゲームのブラックジャック

ライブカジノでブラックジャック

ブラックジャックを、ザ・カジノという緊張と興奮の空間でプレイしたい方には、ほぼリアルなカジノ体験ができるライブカジノがぴったり!

ライブカジノは、ライブ配信を通じて、リアルなディーラーとタイマン勝負ができます。
初心者の方は、ベットの制限時間に初めは、慌ててしまうかもしれませんが、すぐに慣れますのでご心配なく♪

ライブカジノの推しは、もちろん、本場カジノのさながらの臨場感の中でゲームをプレイできること!
ブラックジャックの戦術が成功して、ディーラーに勝てたときは、最高潮の興奮を味わえます。

ベラジョンライブカジノをプレイしたい!と思った方は、アカウント登録をしましょう。
ベラジョンライブカジノにてゲームをプレイするには、アカウント登録が必要ですが、登録はカンタン!ぜひ登録後、ライブカジノの世界を満喫しましょう。

アカウント登録

ライブカジノのおすすめゲームは、最低ベット額が低めで、何人でも同時プレイ可能&変わり種のサイドベット多数の
「Infinite Blackjack(インフィニット ブラックジャック)」をぜひプレイしてみてくださいね!

ビデオゲームでも、ライブカジノでも、プレイし始めたら、ブラックジャックにハマってしまうこと、間違いなし!
ディープなブラックジャックの世界をベラジョンで思いっきり楽しんぢゃいましょう~♪


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

$30限定ボーナスを受け取る

まだ、ベラジョンカジノに登録していないプレイヤーは下記の記事も是非参考にして、まずは登録をしてみましょう!

【最新版】オンラインカジノサイト人気No.1ベラジョンカジノを徹底的に考察してみました

こちらの記事も読まれてます

バカラ必勝法でオンラインバカラ完全攻略!