オンラインカジノでは、常に、1回の大当たりで億超えの勝利金を手にできるチャンスがあります。 

例えばベラジョンは最近、賭け金額の上限がアップしましたね 

大人気ビデオスロットのムーンプリンセスは最大400ドルの賭け金額でプレイできるようになりました。ムーンプリンセスは最大5,000倍の配当が獲得できるので、400ドルを賭けた場合、最大200万ドル、日本円に換算すると最大2億円以上の配当を獲得できるかもしれないです 

ムーンプリンセスの他にも、ライズオブオリンパスやゴルチケ2などの大人気ビデオスロットをプレイするだけで、いつでも2億円超えの勝利金を手にする可能性があります。 

でも、もし自分がこんな高額の勝利金を獲得した場合、オンラインカジノで儲けた利益に税金を払わないといけないのか?確定申告はいくら以上の儲けで必要なのかといった疑問が出てきますよね。   

ここでは、これらの疑問に対して、わかりやすく解説していきます 

オンラインカジノの儲けは確定申告が必要?

オンラインカジノ確定申告と税金の画像1

オンラインカジノで勝った儲けは、「一時所得」として分類されて、一定額以上の儲けがある場合に、確定申告が必要になります。

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

一時所得には、次のようなものがあります。

(1)懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除きます。)

(2)競馬や競輪の払戻金(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除きます。)

(3)生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除きます。 )や損害保険の満期返戻金等

(4)法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものを除きます。)

(5)遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等

一時所得は、所得金額の計算上、特別控除額50万円を控除することとされており、他の一時所得とされる所得との合計額が年間50万円を超えない限り、確定申告をする必要はありません。

また、一般的な給与所得者の方については、その給与以外の所得金額が年間20万円を超えない場合には、確定申告をする必要がないこととされており、一時所得については、50万円を控除した残額に2分の1を乗じた金額によって所得税額を計算することとされていますので、他の一時所得とされる所得との合計額が年間90万円を超えない限り、確定申告をする必要はありません。
(参照元:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1490.htm

つまり、オンラインカジノから得た利益が50万円以下の場合は確定申告は不要、税金を払う必要はありません。

また、会社員としての給与の収入がある場合は、オンラインカジノから得た利益が90万円を超える場合のみ、確定申告が必要、税金を払う必要があります。

一時所得と課税対象額

オンラインカジノで儲けた場合に、一時所得はいくらになるのでしょうか。

一時所得は以下の計算式で計算することができます。

一時所得=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額  最高50万円 】

収入金額:勝利した配当金額

支出金額:勝利した配当金を得たゲームに賭けた金額

※この時、支出金額は配当を獲得したゲームの賭け金のみが対象となり、負けたゲームに賭けた賭け金額は含まないことに要注意です!

このうち、課税対象額はいくらになるのでしょうか。

課税対象額は以下の計算式で計算することができます。

課税対象額=【一時所得】÷ 2

つまり、課税対象額は、一時所得の金額の半分ということです。

確定申告と税金の計算

オンラインカジノ確定申告と税金の画像2

年収500万円の会社員がオンラインカジノで利益を得た場合に、①確定申告が必要か?②いくら税金を払わないといけないのか?を考えてみましょう!

1月1日から12月31日の1年間のオンラインカジノの取引履歴は以下の通りとします。

日付 内容 利益/損失
1月15日 50万円の賭け金で100万円の配当 50万円の利益
2月20日 20万円の賭け金で負け 20万円の損失
5月10日 30万円の賭け金で50万円の配当 20万円の利益
7月15日 50万円の賭け金で80万円の配当 30万円の利益
12月30日 10万円の賭け金で負け 10万円の損失

それでは、段階を踏みながら、計算していきましょう。

計算①一時所得と課税対象額

まず、このプレイヤーは会社員として給与所得があるので、確定申告は、利益が90万円以上の場合に必要になります。

上記の取引履歴から、年間の利益を計算しましょう。この時、勝利して配当を獲得した賭けのみを計算に利用します。

利益=(100+50+80)ー(50+30+50)=100万円

このプレイヤーの場合、1年間で100万円の利益があるので、確定申告が必要ということになります!

それでは、確定申告のために、支払わないといけない税金はいくらでしょうか。確定申告のための税金の計算の前に、一時所得と課税対象額を計算しましょう。

一時所得=(100+50+80)ー(50+30+50)-50=50万円

課税対象額=50÷2=25万円

ここまでで、オンラインカジノで儲けた利益の確定申告のため、課税対象額の計算が完了しました。

計算②税率と控除額

それでは、実際にオンラインカジノで儲けた利益と給与所得にかかる税金を計算してみましょう! 

 

税金の計算で必要になる、所得額に対する税率と控除額を紹介します 

 

所得額に対する税率と控除額 

所得額 税率 控除額
0-195万円以下 5% 0円
195-330万円以下 10% 97,500円
330-695万円以下 20% 427,500円
695-900万円以下 23% 636,000円
900-1800万円以下 33% 1,536,000円
1800-4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円- 45% 4,796,000円

このプレイヤーの年間の所得は、会社員としての給与所得が500万円、そしてオンラインカジノで儲けた一時所得の課税対象額が25万円あります。

つまり、所得額=500+25=525万円ということになります。

所得額が525万円の場合、上記の表から、20%の税率と427,500円の控除額が適用されることがわかります。

そして、税金の計算方法は以下の計算式で計算することができます。

所得税=【所得額】 ×【税率】- 【控除額】

上記の計算式より、このプレイヤーが支払わないといけない税金は以下のように計算することができます。

所得税=5,250,000×20% -427,500=622,500円

各個人の収入やオンラインカジノで儲けた利益の金額によって、確定申告の方法や税金の計算方法が異なる可能性があります。

より正確な情報については、税務署や税理士へ確認することをおすすめします!

オンラインカジノの利益を確定申告すべき理由

オンラインカジノの儲けにまで税金を払う必要があるのか?払わなくてもばれない?なんて思っちゃうオンラインカジノプレイヤーさんもいるかと思います。

競馬や競艇である程度まとまった金額を買った場合、全ての人がきちんと確定申告し、税金を支払っているのかというと微妙なところですよね。競馬や競艇の場合は、配当を現金で受け取ることが多く、その場合、取引履歴といった履歴が残らないので、確定申告しない人が多いとも言われています。

しかし!オンラインカジノの場合、確定申告と税金の支払いはちゃんとしておいた方がいいです。

なぜなら、オンラインカジノの場合、多くのプレイヤーは、クレジットカードや銀行口座を通して入出金していますよね。そのため、オンラインカジノの場合は、入金と出金の取引履歴がしっかりと残っています。

今回はちょっと難しい内容になってしまいましたが、オンラインカジノをプレイしている限り、いつ自分が高額当選者になるのかわかりません。いつでも億万長者になれるよう、確定申告と税金についてしっかりと理解しておきましょう。

ベラジョンオンラインカジノなら、2021年に25億円超えのジャックポットが当選したこともあるメガムーラがプレイできちゃう!さらに、最大配当5000倍の大人気ビデオスロットが選び放題♪

ベラジョンワールドで一攫千金を目指しちゃってくださいね。

それでは、億万長者への道へ一歩前進!


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

まだ、ベラジョンカジノに登録していないプレイヤーは下記の記事も是非参考にして、まずは登録をしてみましょう!

【最新版】オンラインカジノサイト人気No.1ベラジョンカジノを徹底的に考察してみました

こちらの記事も読まれてます

ルーレット必勝法を大公開!