【カジノ法案】オンラインカジノベラジョンとの関係を徹底考察

日本で注目されているカジノ法案について気になっているオンラインカジノプレイヤーは多いはずです。

日本には、現時点でオンラインカジノを明確に規制する法律はないですが、カジノ法案が成立されることで、今後日本でオンラインカジノをプレイすることに規制がかかるのでしょうか?

カジノ法案の名前を初めて聞いたという方から、カジノ法案の最新ニュースを知りたい方まで、すべてのオンラインカジノプレイヤーの方にわかりやすく、カジノ法案についての疑問に答えていきます。

カジノ法案の良いところから懸念点まで包み隠さずお伝えしていきますので、しっかりついてきてくださいね♪


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

日本のカジノ法案とは?

日本のカジノ法案について知っておきたい基礎知識は下記5つです。

  1. カジノ法案の基礎
  2. カジノ法案の目的
  3. カジノ法案とオンラインカジノとの関係
  4.  カジノ付き統合型リゾート(IR)の詳細
  5. カジノ付き統合型リゾート(IR)の候補地

特に「カジノ法案とオンラインカジノの関係」はベラジョンプレイヤーなら気になるところですね!

では、それぞれの項目を詳しく解説していきます。

日本のカジノ法案:カジノ法案の基礎を簡単解説

カジノ法案(IR整備推進法案)は、2016年末に日本の国会で可決された正式名称『特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律』のことです。

正式名称が難しくて混乱するかもしれませんが、簡単に言えば『日本にカジノ付きの統合型リゾート(IR)を作りましょう』という法律!

統合型リゾートの目玉である日本初のランドカジノが大きな経済効果を生むと期待されています。
また、カジノに関する内容も多く含まれているので「カジノ(IR)法案」と呼ばれることが多いんですね!

日本のカジノ法案:目的を簡単解説

日本で賛否が分かれるカジノ法案ですが、カジノ法案はカジノだけに特化した法案ではないんです。

カジノ法案の目的は、あくまで財政回復です。
ランドカジノがある統合型リゾートを作り、海外からの観光客&観光収益が増加することでの経済効果を狙っています。

カジノ法案という名前で新しいギャンブルへの規制と思っている方も多いかと思いますが、違うということを覚えておきましょう!

日本のカジノ法案:オンラインカジノとの関係を簡単解説

カジノ法案でオンラインカジノプレイヤーが気になる部分はもちろんオンラインカジノとの関係ですよね。

目的で触れた通り、カジノ法案は、統合型リゾートにあるランドカジノに対する規制や法案であって、オンラインカジノに対する内容は含まれていないんです。

そのため、日本でオンラインカジノやベラジョンを遊ぶことは、カジノ法案に関係なし。
今まで通り、好きな時間に好きな場所でプレイして問題ないということになりますね。

しかし、カジノ法案の最大の懸念点がギャンブル依存症なので、今後ギャンブルへの対策が増えてくる可能性は高いでしょう。

そこで気を付けるべきは、オンラインカジノ選びです。
トラブルを事前に回避するためにも、信頼できる安全なオンラインカジノで遊びましょう。

今一度プレイしているオンラインカジノがライセンスを取得しているか、また健康的なギャンブルへの仕組みが充実しているかなどを確かめることをお勧めします。
※ライセンスもしっかり取得し、健康的なギャンブルの仕組み満載の「ベラジョン」については後ほどご紹介します!


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

日本のカジノ法案:カジノ付き統合型リゾート(IR)を簡単解説

カジノ法案で頻出する言葉、IRについて知っていきましょう。

IRは、英語名Integrated Resort(インテグレートリゾート)の略で、統合型リゾートのことです。

統合型リゾートとは、ランドカジノをはじめ、レストラン、ショッピングモール、宿泊施設、スパなどの温泉施設、国際展示場、会議場、映画館、プール、劇場などの娯楽施設などがすべてある複合施設のことです。

多くの人が気になるランドカジノはその中の一部施設なので、カジノをメインにした統合型リゾートを建設するというわけではないんです。
そのため、老若男女問わず、趣味趣向の違う方達も自分に合った施設で遊ぶことができる場所!
もちろんオンラインカジノが好きだからランドカジノに行ってみたいってのもアリです。

続いては、カジノ法案で注目される世界のIRを覗いてみましょう!
百聞は一見に如かずですよ♪

世界のカジノ付き統合型リゾート(IR)をのぞき見!

世界のカジノIRをのぞき見

世界には様々なIR(統合型リゾート)が点在しています。
国名や地名を聞いただけで、パッと頭に浮かぶ代表的なリゾート地にあるIRから、カジノで有名なIRまで個性的で見れば見るほど世界中のIRを制覇したい気持ちになっちゃいます。

そんな世界のIRで特に有名なのは、下記5か所だと思います。

  • ラスベガス(アメリカ)

  • モナコ

  • マカオ

  • ソウル(韓国)

  • シンガポール

この5か所の中で、シンガポールはカジノ収益が、ラスベガス、マカオに次ぐ三番目であり、アジアで人気急上昇の国なんです!

『シンガポールのIRについてのミニ知識』
シンガポールで一番目を引き、旅行パンフレットでもよく見かけるIRと言えば、「マリーナ・ベイ・サンズ」!
シンガポールにはこれ以外にも様々なIRがありますが、一番代表的なIRは、ここでしょう。

マーライオンから見える船が乗っかったようなデザインは、シンガポールの名所にもなっているんだとか。
そして、代表的なIRなだけあって、ショッピングエリアには世界中のお店が300店舗以上揃い、カジノ施設には約2900台のテーブルゲームやスロットが立ち並んでいます。
もちろんレストランや映画館、そして大人気の絶景が楽しめる最上階のインフィニティプールもあって、楽しめるところ満載のIRなんですよ。

そんなシンガポールのIR事業は、観光収入の増加に大きく影響を与えており、カジノ法案で日本がお手本にするIRのモデルにもなっているんです!

日本にも、シンガポールのようなドデカい規模のIRが建つのかも?!
ワクワクしちゃいますね♪

日本のカジノ法案:カジノ付き統合型リゾート(IR)候補地を簡単解説

カジノ法案がお手本にしているシンガポールのようなIRがいったい日本のどこに建設される予定なのか知ってますか?

激戦を繰り広げていると噂のカジノ付き統合型リゾート(IR)の候補地は下記のとおりです。

『現時点で立候補している自治体のIR候補地リスト』

  • ハウステンボス(長崎)
  • マリーナシティ(和歌山)
  • 夢洲(大阪)
  • 常滑(愛知)
  • 名古屋(愛知)
  • 横浜(神奈川)
  • 台場(東京)

もっと多くの自治体が立候補していたのですが、現時点では7つの自治体のみ残っています。
激戦は激しくなるばかりなので、これからの行方が気になりますね!

そして、7つの自治体の中でも優勢と言われているカジノ付き統合型リゾート(IR)の候補地3つはこちらです。

  1. 夢洲(大阪府)
  2. 横浜(神奈川県)
  3. ハウステンボス(長崎県)

ここからは、3つの候補地が優勢となっている理由をそれぞれ探っていきましょう。

カジノ付き統合型リゾートの候補地
:夢洲(大阪府)

日本のカジノ法案IR大阪

IRの候補地の中で、現在一番目に優勢な候補地と言われているのが、「夢洲(大阪府)」!

夢洲は、カジノ付き統合型リゾート(IR)の建設予定地であり、2025年に開催予定の万博の開催地でもあるんです。
2025年までにIRが完成すれば、万博開催と共に多くの観光客と大きな経済効果が予想されることが、一番優勢な候補地と言われる理由!

そして、大阪にはご存じの通り、海外路線も多い関西国際空港があり、日本国内第2の経済都市でもあるので、すでに整備されたインフラや立地がいい点も評価されています。

★知っておきたい最新ニュース★
現在も続くコロナによる日本情勢の変化により、自治体が進めていたIRの2025年の全面開業の計画は、厳しいと判断されました。
そのため、今後自治体が計画を変更する可能性が高いと考えられています。

カジノ付き統合型リゾートの候補地
:横浜(神奈川県)

日本のカジノ法案IR横浜

IRの候補地の中で、現在二番目に優勢な候補地と言われているのが、「横浜(神奈川県)」!

横浜は、国際空港でもある羽田空港に近く、海外からのクルーズ船が多く停泊する横浜港もあるんです。
そのため、利便性と集客力の高さが評価され、優勢な候補地と言われています。
また、首都の東京に近いことは、国際展示場や会議場が併設するIRにとってプラスなのでは?!

そして、菅総理大臣の地元なので、政府からの後押しもあるみたいです。

★知っておきたい最新ニュース★

2021年8月末に横浜市長選で山中竹春氏が当選しました。
山中竹春氏は、当初よりカジノ付き統合型リゾート(IR)の誘致に反対していたため、横浜が候補地から外れる可能性はほぼ確実と言われています。

カジノ付き統合型リゾートの候補地
:ハウステンボス(長崎県)

日本のカジノ法案IR長崎

IRの候補地の中で、現在三番目に優勢な候補地と言われているのが、「ハウステンボス(長崎県)」!

ハウステンボスは、すでに知られている既存のテーマパークです。
そのため、初期投資が少ないことや、大都市以外に建てることでの地位活性化が期待されていてることが、優勢な候補地と言われる理由です。

また、長崎県は、アジア諸国(中国、韓国、台湾など)にも近く、立地条件がいいことも評価ポイントですね!

これからの情勢や選挙などによってどんどん優勢な候補地の並びも変わってくると思うので、気になる方は、最新ニュースで追っていきましょう!

さて、日本のカジノ法案の基礎知識はここまでとなります。
続いては、カジノ法案の推しポイントを知っていきましょう。

日本のカジノ法案の推しポイントとは?

日本のカジノ法案推しポイント

日本で今後カジノ法案が成立すると、どのような良いことがあるのでしょうか。
IRを建設することでの推しポイントを3項目に分けてご紹介します。

  1. 経済効果
  2. 雇用促進
  3. 地域活性化

早速、推しポイントの詳細を知っていきましょう。

日本のカジノ法案の推しポイント
「経済効果」

カジノ法案での最大の推しポイントは、「経済効果」です!

カジノ法案の目的は、海外から観光客をより多く集客し、観光収入を増やすことです。
そのため、カジノ付き統合型リゾートによる莫大な経済効果を見込んでいます。

日本政府が試算するカジノ法案による1つのIR候補地に対する経済効果は、年間9,700億円!
そして、訪日外国人観光客数の目標は、2030年までで年間6000万人と数字だけ見ても圧倒されるほど!

桁違いの経済効果で日本の経済が潤ってくれることはいいことですね♪

日本のカジノ法案の推しポイント
「雇用促進」

カジノ法案で計画されているカジノ付き統合型リゾートは、多くの施設を含む巨大なリゾート!
建設から維持までたくさんの人が関わることは容易に想像できますよね。
多くの雇用が生まれることで必要とされる労働力の予想は、約10万以上!

経済回復によって雇用難が軽減されることに期待大です。

日本のカジノ法案の推しポイント
「地域活性化」

カジノ法案による観光客が増加すれば、IR周辺やその他地域のインフラ整備が進み、また観光客が地方に旅行へ行くことでの地域活性化も見込まれます。

IRだけではなく、カジノ法案で日本全体の観光収入が増えることはうれしい限りです!

さて、推しポイントはここまでとなります。
カジノ法案は、もちろんカジノ施設をつくることも法案に含まれるため、推しポイントだけではなく、懸念点もあります。
それでは、ここからは日本のカジノ法案の懸念点を見ていきましょう。

日本のカジノ法案の懸念点とは?

日本のカジノ法案懸念点

カジノ法案によって日本の経済回復が期待される一方、反対の声が多いことも事実です。
日本初のランドカジノ付き統合型リゾートの建設なので、懸念点ももちろん存在します。

カジノ法案に対する懸念点を3項目に分けてご紹介します。

  1. ギャンブル依存症
  2. 治安悪化
  3. 資金洗浄(マネーロンダリング)

それでは、懸念点の詳細を知っていきましょう。

日本のカジノ法案の懸念点
「ギャンブル依存症」

カジノ法案で最も懸念されていることは、「ギャンブル依存症」です。

実は、日本国内でギャンブル依存症と診断された、または疑いのある方は、諸外国と比べてみると意外に多いんです。

カジノ法案によって、ギャンブル依存症が今以上に増加することが予想されるので、政府にはギャンブル依存症を軽減または治療するための対策に努めていくことが求められています。

日本のカジノ法案の懸念点
「治安悪化」

IR候補地の地域住民の大きな懸念点は、「治安の悪化」です。

やはりカジノは賭博場なので、反社会的勢力と繋がりを心配する声も多く、いいイメージを持ちにくいんです。
お金にまつわるトラブルの増加や、犯罪に巻き込まれることなども予想されるので、治安悪化を防ぐ対策も必要となりますね。

日本のカジノ法案の懸念点
「資金洗浄」

カジノを作るにあたっての大きな懸念点と言えば、「資金洗浄(マネーロンダリング)」です。
これは、海外のカジノを持つ国々の共通の懸念点でもあります。

資金洗浄(マネーロンダリング)とは、犯罪で得た資金をチップやギフト券などに換金、または金融機関内で移動させ合法的に見せかけるという犯罪です。

カジノは、資金洗浄目的で利用されることも多いので、カジノ側と政府が連携し、犯罪を未然に防ぐシステムを導入する必要があると思います。

これらのカジノ法案の懸念点に対して、政府はどのような対策を考えているのでしょうか。
安心安全なギャンブル環境を提供するために計画されている対策を確認していきましょう。

日本のカジノ法案の懸念点への対策

日本のカジノ法案懸念点の対策

カジノ法案では、懸念点を打開するために対策を計画しているみたいです。
きちんとした対策がなされれば、カジノ付き統合型リゾートが誘致される建設地域での声も変わってくるかもしれません。

早速、カジノ法案で政府が計画する懸念点への対策を知っていきましょう。

  • 20歳以上の方のみカジノへ入場可能にすること。
  • マイナンバーカード提示での身元確認後、カジノへ入場可能にすること。
  • 顔認証システム後、カジノへ入場可能にすること。
  • 日本在住者へはカジノ入場に対し、6,000円の入場料を徴収すること。
  • カジノ入場に対し、入場の回数制限を設けること。(1週間の内3回まで、そして1か月の内10回まで入場可能)
  • 自分または家族から申請があった場合、入場を制限できるシステムを設けること。
  • クレジットカードでは、カジノチップが購入できないシステムを設けること。
  • 広告の制限をIR区域以外で設けること。
  • ギャンブル依存症が治療を受けやすい制度を整備すること。

入場制限や入場料など、懸念点の大部分を占めるギャンブル依存症対策が多いですね。
特にカジノは、あくまで海外の観光客への施設なので、日本国内のギャンブル依存症の方の増加や、それに伴う治安悪化を防ぐためにも、安心安全に楽しめる少し厳しい対策は必要事項だと個人的には思います。

しかし、パッと見る限り、日本在住者の方でも、節度を守れば、ランドカジノを楽しむことができそうなのはうれしい限り♪

カジノ法案の懸念点や対策を通じて、健康的なギャンブル環境の大切さを感じた方も多いともいます。
そこで、最後にオンラインカジノでも大切な健康的なギャンブルの仕組みがしっかりしているベラジョンについて紹介します。
これからオンラインカジノで遊びたいと思っている方は必見ですよ!

日本のカジノ法案で求められる健康的なギャンブルの仕組み満載の「ベラジョン」

日本のカジノ法案で求められる健康的なギャンブルの仕組みベラジョン

カジノ法案にオンラインカジノのことが記載されていなくても、今後ギャンブルへの規制が強くなる可能性は高いことをお伝えしましたね。
そのため、信頼度が高く、健康的なギャンブルへの対策がばっちりなオンラインカジノを選び、遊ぶことは重要!

オンラインカジノ業界最強を維持し続ける「ベラジョン」なら安心・安全・楽しいの3拍子が揃っているって知ってました?

ここからは、ベラジョンがなぜ信頼度の高いオンラインカジノと言われるのかその理由を大公開していきます。
カジノ法案での対策をすでに備えた、ベラジョンの健康的なギャンブルの仕組みを見れば納得してもらえるはずです!

ベラジョンの高い信頼度の理由

  1. 信頼度を支える「国際的なライセンス
  2. 健康的なギャンブルの仕組みである「責任あるギャンブル
  3.  安全な利用のための身分証明「アカウント認証

では、それぞれの詳細を見ていきましょう。

理由1:信頼度を支える「国際的なライセンス」

ベラジョンは、有名なオンラインカジノ合法国であるキュラソーの政府より発行されたライセンスを取得しているので、安心!
このライセンスは、世界的な基準を満たしているので信頼度も高いんです。

※日本の法律でオンラインカジノに関するものはないですが、オンラインカジノの運営には、オンラインカジノ合法国から認可された運営ライセンスの取得が必須です。

理由:健康的なギャンブルの仕組みである「責任あるギャンブル」

ベラジョンには、健康的にギャンブルをするためのツールが揃っています。
「責任あるギャンブル」と書かれたページより、健康的なギャンブルとは何かを確認できたり、健康的にギャンブルをするためのツールを利用できます。
自分のスタイルに合った設定がプレイヤー自身で行えるところもポイントです。

『選べる自己設定ツール』

・入金制限
最大入金額と、毎日、毎週、毎月ごとの入金限度額が設定できる項目。
・時間制限
1時間単位で1回のログインでのプレイ時間が設定できる項目。
※設定した制限時間になると自動的にログアウトされ、プレイ再開を希望の場合、新たにログインが必須となります。
・ゲームプレイ時間制限
時間制限と同様にプレイ時間を設定ができる項目。
※ゲームプレイ時間制限で設定できる最大は240分です。
※※設定した制限時間になっても、ログアウトはされませんが、ポップアップメッセージが表示されます。
・ロス制限
設定した期間の入金額に対する最大合計負け金額が設定をできる項目。
・退会
ギャンブル依存症以外の問題で退会希望の場合、いつでも退会手続きができる項目。
・ログイン制限
希望する一定期間でアカウントを停止する設定ができる項目。

※注意※自己設定を利用する際は、必ず設定の説明や注意を事前によく確認しましょう。

理由2:安全な利用のための身分証明「アカウント認証」

ベラジョンには、不正利用やマネーロンダリングなどを防止するための「アカウント認証」という身分証明確認があります。

犯罪などのトラブル回避や安全にオンラインカジノを運営するためには、身分証明は必須事項!
また、ライセンスを維持し、安心安全なギャンブルの環境を提供するには、アカウント認証を含む審査・監視を行うことが義務なんです。
やっぱり信頼度あるライセンスを維持するのって大変なんですね。

そんな信頼度の砦のようなアカウント認証の書類確認は厳しいと噂されているとか?!
時間がかかることも予想されるので、早めに終わらせておくほうがいいと思います。

ベラジョンの安心安全で健康的なギャンブルの仕組みの充実度はさすが♪
カジノ法案と同じように対策がしっかりしていれば信頼度もグッと上がりますね。

オンラインカジノプレイヤーの方は、常に健康的なギャンブルを意識して、楽しく遊ぶことを心がけましょう。

カジノ法案のように安心安全な対策満載のオンラインカジノをお探しなら、信頼度の高いライセンス取得のベラジョンがおすすめ!

種類豊富なたくさんのゲームが揃っているので、きっとお気に入りのゲームがつかるはずです。
サクッとアカウント登録して、ベラジョンを遊び尽くしましょう!


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

まだ、ベラジョンカジノに登録していないプレイヤーは下記の記事も是非参考にして、まずは登録をしてみましょう!

【最新版】オンラインカジノサイト人気No.1ベラジョンカジノを徹底的に考察してみました

こちらの記事も読まれてます

ルーレット必勝法を大公開!