日本で馴染みのある娯楽産業の「パチンコ」は、日本のどこでも見かける施設だと思います。 しかし、最近では「カジノ法案」によってカジノも注目されてきていますよね。

ゲームの遊び方に違いがありますが、細かい違いについては曖昧な人も多いかと思います。

そこで今回は「カジノとパチンコの違い」というテーマで、日本の法律やゲーム性など素朴な疑問にお答えします!

カジノ法案が出来る前の参考書として活用してください♪


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

カジノとパチンコの基礎情報

始めにカジノとパチンコの基礎情報について見ていきましょう。

カジノ?

カジノ

カジノを楽しむには下記の2種類で遊ぶことが出来ます。

  • ランドカジノ⇒カジノ施設へ足を運んで遊ぶ
  • オンラインカジノ⇒オンラインで遊ぶ

最近はオンラインカジノが普及してきたので、いつどこにいてもカジノゲームが楽しめるようになりました。しかし、2016年に成立した「カジノ法案(IR整備推進法案)」によって、近いうちに日本でもランドカジノが楽しめる世の中になるかもしれませんね!

ゲームは下記のような種類があります。

-トランプ系(ブラックジャック、バカラ、ポーカー)
– ルーレット
– ダイス系
– スロットマシーン
– その他(マネーホイール、スリンゴなど)

カジノについてもっと知りたい場合は、「カジノの種類を大解説」を参考にしてもらえたら嬉しいです♪

パチンコ?

パチンコ

パチンコは、お金を払い玉を店側から借ります。ハンドルを回して借りた玉を打ち出し、当たりが出たら玉が機械から多く出てくる仕組みです。玉の数によってもらえる景品の種類が変わってきます。

なお、パチンコの他にもパチスロが置いてある店もありますが、パチスロはメダルを使いリールを停止させて遊びます。

  • パチンコ⇒玉
  • パチンコ⇒メダル

日本全国どこにでもあるパチンコは、大通りや駅前でよく見かけることが多いと思います!

法律の違いについて簡単解説

双方の違いを見ていくと、遊べる場所やゲームの種類などの違いはありますが、勝利した場合、お金がもらえる流れは同じですよね。

しかし、日本で賭博をすることは法律上禁止されています。(2022年3月現在)

賭博とは、金銭や品物を賭けて勝負をすることであり、カジノも金銭を賭けることから日本では禁止されているのです。

それでは、なぜパチンコは日本で遊ぶことが出来るのでしょうか?

日本の法律について、簡単に解説していきます。

合法性

パチンコが日本で遊べる理由は、パチンコ店に入店してから、お金を得るまでの流れに隠されています。

それでは、パチンコ店の流れを見ていきましょう!

  1. 入店
  2. お金を払い、パチンコ店から玉を借りる
  3. 勝利した場合、玉が増える
  4. カウンターで玉を特殊景品に交換する
  5. 換金所に行き、特殊景品をお金に交換する
  6. 現金を得る

これが一般的な流れかと思います。

ここで注目して欲しいのが、パチンコ店が玉を「特殊景品」に変えて、お客さんが現金を得るために、わざわざ換金所まで行かないといけないことです。

このシステムを「三店方式」と呼びます。

三店方式とは、換金所がお客さんとパチンコの間に入ることによって成り立つ方式であり、パチンコ店と換金所は全く無関係とされているのです。

パチンコ店がお客さんに直接現金を渡すと「賭博罪」になります。

特殊景品をお客さんに渡し、パチンコと無関係な換金所が特殊景品を買い取ってくれる。ということなんですね。

日本では、「風俗営業法」によって様々な規制で縛ることにより、パチンコとパチスロの運営を認めています。

公営ギャンブル

パチンコが日本で営業できる理由はお分かりいただけましたでしょうか?

しかし、日本ではパチンコの他にも、下記のギャンブルで遊ぶことができますよね。

公営ギャンブル
  • 競馬
  • 競輪
  • 競艇
  • オートレース
  • 宝くじ

パチンコは特殊な法律の下、運営できるのですが、その他とカジノの違いを少しまとめてみました!

公営ギャンブルとの違いは?

公営ギャンブルは、収益が地方振興、公共の利益のために利用されることで一致しており、払い戻しレートや各法人へと分配レートなどが細かく定められているのが特徴です。

また、公営ギャンブルを管轄する省庁もあります。

  • 競馬 ⇒ 農林水産省
  • 競輪 ⇒ 経済産業省
  • 競艇 ⇒ 国土交通省
  • オートレース ⇒ 経済産業省
  • 宝くじ ⇒ 総務省

先述した通り、公営ギャンブルを認めている理由は、収益を公共の利益のために利用することです。例えば、宝くじは「高齢化少子化対策、防災対策、公園整備、教育及び社会福祉施設の建設改修」や、ボートレースは「海事に関する事業の振興」など、公益に繋げる目的があります。

日本で「カジノ法案(IR整備推進法案)」を始める理由も、収益を地域の活性化、日本の伝統文化の振興、各種財源にあてる目的があるからです。

現在は、カジノの収益は公共にあてられないので、運営&遊ぶことは法律で禁止されています。 IRが完成した後も、国が認めた施設以外でカジノで遊ぶことは違法となるのでお気を付けください!

しかし、日本でカジノが遊べる日が来るなんて楽しみですね!
カジノ法案について詳しく知りたい場合は「【カジノ法案】オンラインカジノベラジョンとの関係を徹底考察」を参考にしてもらえたら嬉しいです。

還元率の違いについて簡単解説

続きまして、還元率の違いについて解説したいと思います。

還元率とは、ギャンブルでの賭け額の総額に対し、ギャンブルを運営している側の手数料を差し引いて、その後プレイヤーに払い戻される(還元される)金額の割合を指します。

(ギャンブルでの賭け額の総額)―(ギャンブル運営側の手数料)=還元率(プレイヤーに還元される金額の割合)

カジノはもちろんのこと、パチンコや公営ギャンブルにも還元率があります。

還元率が高いほど”勝ちやすい”と言われているのですが、それぞれの還元率は下記の通り。

カジノ(オンカジ)⇒約95%
パチンコ⇒約80%-85%
三競(競馬・競艇・競輪)⇒75%
宝くじ⇒45%

数字を見るだけでも、還元率の違いに差があることが分かりますよね。
そう、カジノとパチンコを比べると、カジノの方が勝ちやすいということです。

しかし、この還元率は1人の賭け額に対する割合ではなく、該当ギャンブル・ゲームの全プレイヤーの平均値の割合となります。
そのため、いくら還元率が高いゲームで遊んだとしても、ゲームに記載されている還元率分が返ってくるとは限らないので、お気を付けください!

ギャンブルの還元率についてもっと知りたい場合は「ギャンブル大辞典!ギャンブル還元率を徹底解説」を参考にしてもらえたら嬉しいです!

オンカジとパチンコの違いについて簡単解説

最後に、オンカジとパチンコの違いについて解説していきます!

こちらでは、業界No.1オンラインカジノ・ベラジョンをベースにしてご紹介します♪

場所と時間

冒頭で説明したように、オンカジはオンライン上でカジノゲームを楽しむサイトです。

インターネット環境とタブレット端末やスマホがあれば、ラスベガスやシンガポールなどに行かなくてもいつどこでもプレイができちゃう!

24時間好きな時間・場所で遊べるのは、オンカジ最大の魅力♪

カジノが日本に出来るまで、オンカジで練習しましょう!

一方、パチンコは日本中で見かける施設です。主に、駅前や大通りに店舗があることが多いです。そのため、パチンコも気軽に遊べる面ではオンカジと同じかと思います。

しかし、パチンコには営業時間が決まっており、おおよその施設が夜の11時前までの営業。※店舗によって営業時間が異なります

せっかく、大当たりが出たのに、営業時間が迫って焦る思いをした人もいるかもしれません。

さらに、新台が出る日やイベントの日には、店の前に大行列が出来ていることも。遊ぶ前に疲れちゃうかもしれませんね。

好きな時間・好きな場所で遊びたい人は、オンカジ。決められた時間の中で、パチンコ台を自分の目で吟味し、勝負をしたい人はパチンコがあっているかと思います。 この違いを自分の気分によって使い分けるのもいいかもしれませんね♪

ゲームの種類と数

オンカジで遊べるゲームの数は桁違い!約1,000種類以上のゲームが遊べると言われています。その中でもベラジョンでは、約2,000種類以上のゲームが楽しめるんです。 毎月新作ゲームが登場するので、ゲーム数は増えていく一方!

パチスロ風ビデオスロット

カジノゲームは主に、ビデオスロット・トランプゲーム・ルーレットなどがあります。自分好みのゲームが見つけられるかもしれませんね。

パチンコは、店舗によりますがパチスロと合わせて約100種類が遊ぶことができます。パチンコも常に新作ゲームが登場するので、新作ゲームを毎回楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。しかし、店舗における台数は限りがあるので、パチンコ・パチスロの台数が増えることはあまりないかと思います。

オンカジとパチンコのゲームの種類は異なることが多いかと思いますが、オンカジではパチンコ・パチスロプレイヤーにとって嬉しい情報があります!

ベラジョンでは、ビデオスロットのカテゴリーにパチスロ風スロットが登場しました。 その名の通り、パチスロに似たシンプルな構成となっており、効果音や演出も楽しめます。

パチンコ・パチスロプレイヤーじゃなくても楽しめると、その人気は留まること知らず?

ベラジョンでは、登録前でも無料でデモプレイでゲームが楽しめます。
オンカジ初心者で、パチンコとの違いを実感したい人は、無料で試しに遊んでみてみましょう!

設定

一部のパチンコ台では、1~6段階で設定が装置されているのもあります。

1が当たりが出にくい台であり、数が大きくなるにつれて当たりが出やすくなります。

どの台が当たりが出やすいか吟味しながら選ぶのが、パチンコの醍醐味であるかもしれませんが、釘調整されている台もあるので選ぶのは難しいですよね。

一方、ベラジョンでは設定や操作をすることが不可能となっています。
その理由は信頼度を支える「国際的なライセンス」にあります。

ベラジョンは、有名なオンラインカジノ合法国であるキュラソーの政府より発行されたライセンスを取得しています。

このライセンスは、世界的な基準を満たしているので信頼度も高いんです。

また、第三者機関からの厳しい監査・監視も受けているため、人為的な操作などはなく、操作をする事が不可能となっています。

公平なゲームが提供されているからこそ、勝つ日もあれば、負ける日もあるということです。

オンカジだけの特別なボーナス制度

オンカジでは、ランドカジノとパチンコには無い、お得なボーナス制度が存在します。

ボーナスとは、オンカジサイトがプレイヤーにプレゼントする特典のことであり、ボーナスは賭け金として使え、ゲームで遊べます。

ベラジョンでは、新規登録するとお得なビギナーズボーナスがもらえます!

ビギナーズボーナス

アカウント登録後、初めて入金することにより、最高$500までの100%初回入金ボーナスや、最高$250までの50%セカンド入金ボーナスなどなど、見逃せない情報ばかり!

入金するまではまだ考えていないという人には、本サイト経由での登録限定で、「ベラジョン新規登録$30ボーナス」を進呈中!

登録するだけで、$30ボーナスがもらえちゃいます♪

早速登録して、実際にオンカジとパチンコの違いを体験してみてください!


本サイト経由での登録限定!

ベラジョン新規登録$30ボーナス進呈中!

今回はカジノとパチンコの違いを紹介しました。
それぞれ良い点がありましたが、今後IRによって日本でもカジノが遊べるようになったら、それぞれの特徴や違いがもっと体感できると思います。

その中でも、オンラインカジノのベラジョンは、安心安全に遊べ、約2,000種類以上のゲームが毎日いつどこでも楽しめます。

アカウント登録がまだの方は、ぜひベラジョンのアカウント登録も済まして、ベラジョンを遊び尽くしましょう!

まだ、ベラジョンカジノに登録していないプレイヤーは下記の記事も是非参考にして、まずは登録をしてみましょう!

【最新版】オンラインカジノサイト人気No.1ベラジョンカジノを徹底的に考察してみました

こちらの記事も読まれてます

カジノ法案を独自に徹底考察